先輩社員紹介

伊藤 有真

イトウ ユマ

所属:新潟本店
鉄鋼二部 営業
入社年:2016年(新卒採用)

土木資材を幅広く扱い、さまざまな現場のニーズに応える

工事の現場事務所に足を運び、土木資材を受注、納品するのが私の主な仕事です。現場監督さんなどと打ち合わせをして、ご要望に応じた資材をご提案します。塩ビ管、土嚢、土木用の防水シートなど、鉄鋼製品以外の土木資材も幅広く取り扱っています。納品する資材は、営業車に積めるものであれば現場まで自分で運びます。現場に何度も足を運び顔を覚えていただくことは、次のご注文にも繋がるため大事なことだと考えています。私の役割は資材の納品までですが、現場の工事が無事に終わるまでが自分の担当だという気持ちで仕事に取り組んでいます。
私が納入する資材は、地面の下や壁の中に隠れてしまうものも多いですが、ガードレールやデリネーターなど、目に見える形で残るものもあります。初めて納入したガードレールが無事道路に取り付けられたのを見たときは嬉しかったですね。

当社初の女性営業マンとして、新潟の街づくりに携わる

私は大学で世界各地の地域環境について学びました。街づくりや地域の活性化について勉強するなかで建設業にも触れ、まさに“街をつくる”その仕事に魅力を感じ、自分も“街をつくる”仕事に携わりたいと考えるようになりました。そしていま、当社初の女性営業マンとして地元新潟の街づくりに携わっています。まだまだ女性が少ない業界ではありますが、近年は「ドボジョ」という言葉も話題になっているように、今後街づくりの現場で活躍する女性は増えていくと思います。重い資材も扱うこともありますが、ほかの営業マンや配送担当者、現場の方の協力も得ながら頑張っています。困ったときはお互い様なので、私も他の方から頼まれごとがあれば快く協力します。
なによりも大切なのは、「この仕事がしたい!」という気持ちです。女性だからと諦めず、やりたい仕事があればぜひチャレンジしてみてください。

一日のスケジュール

  • 8:10
    出社
  • 8:30~
    訪問準備
    見積り作成
    新潟市周辺の営業
  • 12:00
    帰社
    昼食・休憩
  • 13:00~
    お得意様への訪問
    現場監督さんとの打ち合わせ
  • 15:00
    帰社
    残りの見積りや資料の手配
  • 18:00
    退社

黒崎 正男

クロサキ マサオ

所属:長岡支店
営業
入社年:2017年(中途採用)

人のため、世の中の役に立つことが営業の醍醐味

長岡支店の営業担当として、新潟県中越地域のルート営業を主に行っています。ゼネコン、ファブリケーター、鉄筋業者といったお客様に対して鋼材や土木商材をご提案し、見積り、納品、アフターフォロー、集金業務などを行っています。顔と名前をしっかり覚えてもらえるよう、お客様のもとへ足しげく通い、ご要望には迅速に対応することを心がけています。信頼関係が築かれ、お客様との距離感が縮まってくると、「また頼むよ!」「ありがとう!」と声をかけていただいたりします。これは営業の醍醐味ですね。また、自分が納めたものが形になって残り、世の中の役に立っていると感じるられることも、この仕事の魅力です。新規開拓にも意欲があるので、今後はぜひ挑戦していきたいです。

前職の経験を生かし、カクヨでさらに成長したい

当社には、自らの結婚を機に、東京から地元新潟へのUターン転職で入社しました。前職も建設業界で営業をしていたため、その経験とスキルを地元新潟でも生かしたいと考えていました。そのなかで当社を選んだ理由は、幅広い商材・サービスを取り扱っていることが、自身の成長やスキルアップに繋がると思ったからです。初めての転職で不安もありましたが、上司や先輩、周囲の方にサポートしていただき問題なくスタートを切ることができました。私以外にも中途採用の社員が多く、なかには全く異なる業界から転職し、「カクヨ」の営業マンとして活躍している先輩社員もいるので励みになっています。
当社では、若手社員のみで業務改善プロジェクトを提案する機会が設けられています。若手がいきいきと仕事ができる職場なので、あなたも活躍できるチャンスです。自分を成長させたい方、チャレンジしたい方は、ぜひ共に働きましょう!

一日のスケジュール

  • 8:00
    出社
  • 8:30~
    朝礼
  • 8:45~
    メールチェック
  • 9:00~
    訪問準備
  • 10:00~
    ゼネコン・ファブリケーター・鉄筋業者への訪問
    情報収集・見積もり提出・アフターフォロー
  • 12:00~
    外出先で昼食・休憩
  • 13:00~
    ゼネコン・ファブリケーター・鉄筋業者への訪問
    情報収集・見積もり提出・アフターフォロー
  • 15:00
    帰社
    お客様向け提案資料等を作成
    物件情報の管理
  • 17:00~
    受注明細処理等の事務作業
  • 17:30~
    翌日業務の確認
  • 18:00
    退社

田野 貴志

タノ タカシ

所属:新潟本店
鉄鋼二部 営業
入社年:1996年(新卒採用)

私たちの土木資材が、見えないところで街を支える

鉄鋼二部の営業担当として、鉄鋼製品をはじめとした多種多様な土木資材を取り扱っています。建設業者様の事務所や土木工事の現場事務所に足を運び、工事に必要となる資材を受注し、手配を行います。必要に応じて、図面から必要な資材の拾い出し作業を行うこともあります。私たちの納める資材は、ガードレールや防護柵など目に見えるものに使用されることもありますが、それ以外に目に見えない多くのところで構造物を支え、街のインフラ整備やライフラインを支えています。

お客様のために動くことが、結果的に自分のためになる

ご注文をいただく瞬間は何よりも嬉しいですが、資材が現場に納品されるまで安心はできません。お客様の信頼あっての仕事なので、最後まで責任をもって資材をお届けしたいと考えています。入社以来ずっと土木資材の営業を担当しているので、お客様のなかには20年近くお付き合いのある建設業者様もいらっしゃいます。私も新人の頃は戸惑うことが多かったですが、少しずつお客様と信頼関係を築き、現場への理解を深めることによって、より効率的に仕事を進め、より幅広いご提案をすることができるようになりました。
土木の現場に必要なものは多岐に渡ります。そのなかでカクヨがお手伝いできることがあれば幅広く協力させていただき、お客様の信頼に応え続けていきたいです。まずお客様のために動くことが、結果的には自分のためにもなります。「カクヨさんに相談すれば何とかしてくれる。」「カクヨさんに頼めば大丈夫。」これからもそう言っていただけたらありがたいですね。

一日のスケジュール

  • 8:00
    出社
  • 8:30
    メールチェック
    朝の電話対応
  • 9:30
    現場事務所にて下請け業者と打ち合わせ
  • 11:00
    来客対応
  • 12:00
    昼食・休憩
  • 13:00
    製品引き取り・配達
  • 14:00
    現場の確認
    下請け業者への見積り依頼
    製品の配達
  • 15:00
    帰社
    見積り作成
    事務作業
  • 18:00
    退社

髙木 健太

タカキ ケンタ

所属:新潟本店
鉄鋼一部 レーザー切断機担当
入社年:2015年(中途採用)

現場が求めるさまざまな部品を、一枚の鉄板から生み出す

鉄鋼一部での私の役割は、建築用や土木用の部品、機械部品など、さまざまな形状の部品をレーザー切断機を使って鉄板から切り出し、お客様に供給することです。私が担当するレーザー切断機は、2.4m×6mの大きな鉄の板から、CADデータを元にあらゆる形状の部品を切る出すことができます。元となる一枚の板に対し、形状もサイズも異なるさまざまな部品をどのように配置するかがポイントとなります。機械によって切り出された部品を枠から外したり、切断面の仕上げ作業をするのは人間の仕事です。重くて人の手で持てないときはクレーンも使いますが、結構体を使う仕事でもあります。私のように、機械の操作や体を動かすことが好きな人には、この仕事は向いていると思います。

“段取り”によって、機械と人の手を効率よく動かす

仕事をするうえで大切にしていることは、品質向上と作業の効率化です。レーザー切断の場合、品質は主に切断面に表れます。きれいな切断面を維持するためには、レーザー切断機の定期的なメンテナンスが必要不可欠です。作業の効率化には“段取り”がなによりも重要です。例えば夜間の自動運転を行う際は、翌朝の出社時には次の工程に移れるよう、段取りを考えて準備します。いかに効率よく、機械も人の手も止めずに無駄なく仕事を進められるか、後の工程のことを常に考えながら段取りを行っています。
言われたことをやるだけではなく、どうしたら自分の仕事を改善できるかを常に考えながら、向上心を持って取り組むことが大切だと思います。

一日のスケジュール

  • 7:50
    出社
  • 8:30
    朝礼
    データ登録
    切断作業
  • 12:00~
    昼食・休憩
  • 13:00~
    データ登録
    切断作業
    夜間運転の準備
  • 17:20
    終業
  • 17:30
    退社

近藤 裕人

コンドウ ヒロト

所属:三条本社
住設部 現場担当
入社年:2013年(中途採用)

加工から配達まで、建設資材のニーズにアクティブに対応

住設部では、屋根や外壁をはじめ、住宅やオフィス、工場、倉庫などの建設に必要な資材の販売や一次加工を行っています。私は住設部の現場担当として、鋼材の切断・加工から、建設現場への資材配達まで行っています。配達は運送業者へ委託することもありますが、自社で行う場合は私も自らトラックを運転して建設現場をまわります。時期にもよりますが、倉庫内作業の時間よりも、配達のため外に出ている時間のほうが長いかもしれません。もともとアクティブな性格なので、さまざまな現場をまわり、現場担当者とコミュニケーションを取るのは楽しいですね。

臨機応変さとチームワークで生産性をアップ

私たちの仕事は地域に密着しています。ご要望にいち早く且つ誠実に応えることが、お客様の信頼を得るうえで大切です。万が一私たちの作業が遅れてしまえば、工事自体の遅れにも直結してしまいます。さらには、お客様から急な依頼が入ることもあるので、常にチームで連携し、臨機応変に仕事を進めることが求められます。チームの生産性を上げるため、一人でできる仕事は可能な限り自分一人で行い、空いた手を他の仕事にまわしてもらえるよう心掛けています。
そういう私も、入社したての頃は先輩方にいろいろと助けてもらいました。何も分からない状態で入社し不安でしたが、なんでも丁寧に教えていただきありがたかったです。次は私が先輩としてあなたをサポートする番です。アクティブでやりがいのある仕事ですので、ぜひ一緒に働きましょう!

一日のスケジュール

  • 8:00
    出社
  • 8:30~
    朝礼
    1日の作業の確認
    段取り等の準備
  • 8:35~
    現場作業(倉庫内作業や配達業務)
  • 12:00~
    昼食・休憩
  • 13:00~
    現場作業(倉庫内作業や配達業務)
  • 17:00~
    翌日の配送先の確認
  • 17:20
    終業
  • 17:30
    退社

吉田 皆美

ヨシダ ミナミ

所属:新潟本店
経理部
入社年:2016年(新卒採用)

円滑な事務作業が、組織全体の業務を円滑にする

経理部での私の役割は、入出金管理や仕訳の入力、伝票の記入、来客・電話対応などです。社内外のさまざまな方と接する機会があるので、コミュニケーションをしっかり取って信頼関係を築くことが大切です。特に来客や電話対応の際は、私自身が“会社の顔”になるので、ハリのある声と明るい笑顔で、カクヨに対してより良い第一印象を持っていただけるよう心掛けています。成果が目に見える仕事ではありませんが、円滑な事務作業が、組織全体の業務を円滑にし、会社の成長にも繋がると考えています。そのような意識のもと、責任を持って日々の仕事に取り組んでいます。

生まれ育った地域のために働き、共に成長したい

地元出身なので、「カクヨ」の社章には子供の頃から馴染みがありました。何をしている会社かまでは知りませんでしたが、就職活動にあたって当社の説明会に参加し、地域に密着した「カクヨ」の仕事に改めて興味を抱きました。生まれ育ったこの地域のために働き、私自身も共に成長したい…。そのような思いから当社への応募を決めました。
入社当初は、自分から周囲の方になかなか声を掛けられませんでしたが、みなさんから気軽に話しかけてくださったり、「分からないことはいつでも聞いていいからね」と優しく指導してくださったりと、とても心強かったです。次は私が指導する立場になるので、先輩方からしていただいたことを、後輩たちに向けて返していきたいと思っています。私も含め、入社前は不安が多いものですが、「カクヨ」の先輩たちが優しくサポートしますのでご安心ください。地域のために働きながら、一緒に成長しましょう!

一日のスケジュール

  • 8:10
    出社
  • 8:30
    始業
    メールチェック
  • 9:15~
    入出金の確認(各取引先銀行ごと)
  • 9:30~
    伝票の作成
    入金額や売掛金のチェック等
    伝票への記入
  • 12:00~
    昼食・休憩
  • 13:00~
    手形の入力作業
  • 15:00~
    入出金の再確認し伝票を作成し担当者へ提出
  • 15:30~
    伝票を元に仕訳の入力
  • 16:30~
    入力した仕訳の確認
    残高等のチェック(各取引先銀行ごと)
  • 17:20
    退社